| profile |

  

東京のストリートで描き始め、瞬間瞬間で変わって行く荒々しく繊細なpaintingで今や描く事に餓えたそのスタイルは少しづつ確実に浸透し始めている。

数々のライブステージやクラブイベント、カフェ、キャバレー、保育園、野外フェスティバルなど様々な場所で不定期にLive paintingし、空間をジャック。更にはCD等のアートワークからショップディスプレイ、映画広告などなどでもYORKE.の欠片は生き続けている場面も。

またYORKE.の持つ独特な雰囲気で映画への出演、雑誌のモデル等YORKE.自身や語る言葉がクローズアップされる場面も。

全ては左手が導く。同世代を生きる人はみな目撃者。後世のあなたへ向けて。

今。

気まぐれに開催される30分だけのexhibitionや、ドローイングブックを行商の如く持ち歩き続けるなどpainting以外の摩訶不思議な行動も目が離せない。

  

→ TOP